郵便局の外貨両替 お得

郵便局の外貨両替では大損してる!?

あまり知られていないことですが、郵便局(ゆうちょ銀行)や都市銀行、あるいはチケットショップなどで外貨両替を行うのはお得ではありません。

いえ、お得じゃないどころか、損しています。というのは、手数料が高すぎるからです。

外貨両替のときに銀行側が提示する為替レート(円から米ドルやユーロなどに換えるときの値段)には実際のレートに手数料が上乗せされており、その分多く支払うことになっています。

この上乗せ分が郵便局や都市銀行では非常に大きなものとなっているのです。たとえば銀行などの平均的な手数料は、米ドルだと1ドルあたり片道2.5〜3円です。

つまり、1万ドルを買うときに2.5〜3万円余計に取られます
さらに、米ドルを円に換えるときも、1万ドルだと同じく2.5〜3万円取られるのです。

こんな高すぎる手数料を毎回支払うのはもったいないです。もっと安い方法を利用しましょう。

外貨両替でお得なのはFX

外貨両替でいちばんお得な方法は「FX」を利用することです。FXとは外国為替証拠金取引の略で、簡単に言えば「いろいろな通貨の取引ができる仕組み」のことです。

FXと聞くと、知識のある方は「レバレッジが危険」「脱税など負のイメージがあるからなあ」と思うかもしれません。

しかし、FXは全く危険ではありません。レバレッジは1倍も可能なので他の銀行の両替と同じですし、脱税は一部の人間がおかしたことで、FX会社の失態ではありません。

FX会社には上場しているところもあり、ふつうに利用すれば危ないことなど全くありません。

何より、FXは手数料が郵便局や銀行とくらべて圧倒的に安いのです。たとえば米ドルなら、
1米ドルあたり片道0.2円です。他の方法に比べて10分の1以下と、劇的に安くなるのです。

たとえば1万ドルなら2,000円、10万ドルなら2万円です。郵便局や銀行は同じく、2.5〜3万円と25〜30万円。
換金額が大きくなればなるほど、お得になります。

FXによる外貨両替は、しかもインターネットで簡単に行えます。これを利用しない手はないのではないでしょうか。

※ レバレッジとは、たとえばFX会社に10万円を預けて100万円分の取引を行うことです。この場合はレバレッジ10倍と言います。外貨両替はレバレッジ1倍で行うので、余計なリスクを取ることはありません。

上場会社のマネーパートナーズがおすすめ

FX会社は多数ありますが、外貨両替が行えるのは数社に限られます。その中で最もオススメなのが「 マネーパートナーズ 」です。オススメの理由は以下のとおりです。

・ どの通貨でも 0.2円(20銭)という最低水準の手数料
・ 取引に上記以外の手数料はかからない(無料)
・ FX口座開設・維持が無料
・ FX口座への入金が無料(即時入金サービスあり)
・ 信託保全100%なので預けたお金も安全
・ 上場会社なので安心・信頼できる

※ 信託保全とは、FX会社が顧客の預け金を他の金融機関に預けて
自社のお金とは別に保管・管理することです。これにより、万が一FX会社が破たんしたときにも
預け金は補償されます。ちなみに、マネーパートナーズはSG信託銀行と契約しています。

マネーパートナーズFX会社で外貨両替するときのポイント

(1) 時々刻々と変わる為替レートを、リアルタイムで取引できる
(2) 受付時間は営業日午前8:00〜翌午前3:00
(3) 米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、イギリスポンド、カナダドル、スイスフランなどが取引できる

口座開設はインターネットで完了します。必要事項を記入し、本人確認書類のコピーをメールで
送付すれば、後日口座情報が郵送で届きます。

いざ外貨両替をしようと思ったときにすぐ取引できるように、思い立ったら今すぐに口座開設しましょう。
開設も維持も無料なので、安心して口座をお作りください。

マネーパートナーズの口座開設はこちら

郵便局の外貨両替で1番お得な方法とは?リンク